福岡・佐賀を中心に活動する建築設計事務所classは、住宅や店舗などの新築・リノベーションのデザインを手掛けています。

お問い合わせ・資料請求

イ ン ド

インドのイメージは聞いたり調べてみて、ガンジス川で死んだ方を火葬する事や、今までと価値観や常識が変わる、好きな人はすごく好きだし合わない人は全然駄目等いろいろ。
インドはどういう所なのか行ってみたい、体感してみたい。次海外に行くならインドだなーと思っていて、今回の目的はガンジス川を見てみたい、これだけ。
さてさてどんな旅になるのか?
↓前半の主人公のお医者さん、ぶつかりそうになって少し話すとすぐ近くの寺院を案内してくれるとの事


↓連れて行ってもらった寺院


↓首相官邸




↓夜の市場や商店街


↓お医者さん(自称)が頭をマッサージしているところ

 ※最初病院に連れて行かれ待合室で待たされ、自分はスタッフルームへ。(ここで完全にお医者さんだと思い込む)そのあとすぐに寺院へ、それから最初は近くの寺院だけのはずが、タクシーでいろいろな官邸や市場へ連れて行ってくれた上にツアー会社へ誘われたり高級お土産やさんへ連れて行ってくれたり。観光としてはなかなか行けないところへたくさん行けたので楽しかった。でも何となく怪しーなーと思ったけど親切だったら悪いし、欲しくなかったので何も買わず、最後にタクシー代を清算。約3〜4時間、だいたいの相場を考えても300〜500ルピー程度、いろいろつれていってくれたので1000〜1500までは良いかなーと思っていたら3700ルピー(約6000円)。ぼったくりと確信、日本語できっちり怒り1000ルピー払って逃げました。
↓デリーの繁華街(屋上のレストランからパシャリ)




↓ドラえもんが結構流れてます(まめ知識)


↓寝台列車で約12時間、バラナシへ


↓バラナシ駅からの朝日


↓ガンジス川(ガンガー)




↓大通りから入った道を散歩


↓工事中


↓大工さんもがんばってます


↓うしがいっぱい


↓やぎも


↓うしと犬のコラボ


↓さるも


↓船でガンジス川を渡り向こう岸へ





↓レストランの食事


↓現地の人がよく食べている屋台のカレー

↓ミルクセーキの泡立ったみたいな感じ

↓帰りの寝台列車に乗る前に食べたパパイヤ(たぶんこれが食中毒の原因)

↓お酒を飲めるところが少ない中、見つけたカフェでビール休憩をしたり

↓ヒンドゥ教徒にとってガンジス川は聖なる川、たくさんの人が来ます







↓晴れた日は洗濯


↓晴れた日にガンジス川をパシャリ


インドは楽しかった。でも常識や考え方が変わる程の衝撃はなかった。カースト制度のなごり等を深く考えたり、調べたりしていないからなのかもしれないが。関係ないけどなぜか加圧にいこうと思い立ち行く事にした。
しっかりお施主さんに喜んでもらえる仕事をして、今度はせっかく九州にいるんだし宮古島等に行くかと思いつつ。
class 大石

Category :   Date: 2012.01.22

一覧に戻る