BLOG

佐賀市内に住宅が竣工しました。

2020.04.05

こんにちは。
2020年最初の竣工物件です。
少し振り返りながらご紹介いたします!

 

はじめてプレゼンさせてもらったのは2018年2月中旬、
お引き渡しが2020年3月中旬でした。
お施主様とは、約2年1ヶ月のおつきあいになります。
今後ともよろしくお願いいたします!

 

大きくプレゼンは4回させていただき、
その間に2階建てのプランや外壁材がモルタルの案など
いろいろと検討を重ねて、いまの計画に決まりました!

 

 

 
 
 

 

 

これまでのclass archiの手掛けた住宅とは少し違って
しろをベースとして空間づくりをしていきました。
 

柱や外壁の木部に塗るしろの加減は、
和の雰囲気は消したい、けれど木の優しさは残したい!
そんなイメージを現場に指示して、共有するのには苦労しました。

 

 

お施主様からいただいた言葉で

「和風でも洋風でもない見たことない家だけど、周りの家から浮いてる感じもない!」

その言葉はとても記憶に残っています。

 

 

 

 

開口は、細かく割って、1枚1枚生活に合わせて大きさを調整していきました。
出来上がって見るまで不安はありましたが、生活に上手く馴染ませれたと思います。

 

 

道沿いからはほとんど生活は見えませんが、
室内は中庭を介して様々に視線が抜け、開放的な空間にできたと思います。

 

最後にリビングの船底天井の写真をのせておきます。
一番現場でも苦労した天井ではありますが、写真では何が何なのか伝わらないのが残念でなりません。(笑)

 

 

工事が着工してからあらためて検討することも多く、
その都度、協力してくれた現場監督さん、大工さん、職人の方々には感謝しかありません。
本当にありがとうございました。

 

建物は時間とともに様々に変化していきます。
とくに外観の変化は目に見えてわかると思います。
そんな建物の変化も含めて、これからご家族の思い出の背景になれたら幸いです。
 

class archi 外尾